よくあるご質問

4. 安全性について

4-4

厚生労働省の室内化学物質に関する濃度指針値とはどのようなものですか?

現在13の化学物質が公表されていて、人が指針値以下の環境にいても、健康への有害な影響を受けないであろうとの判断により設定されています。しかし、化学物質過敏症は微量でも原因となる化学物質に触れると症状がでる場合があります。

4. 安全性について の一覧へ戻る

ページの先頭へ