床暖房

こだわり2 床暖房

一年を通じて、心地よく暮らすためには、冷暖房選びは重要です。新築やリフォームで人気の暖房器具のひとつが床暖房です。

一般的なエアコンやストーブなどで暖房の場合、暖かい空気は天井近くに溜まり、床に近い部分は暖かくならない場合があります。床暖房は、床面を加熱してその床表面から放射される輻射熱によってあたためます。輻射熱は人体にあたっても暖かく感じますが、同時に部屋全体、均一な暖かさを保ちます。
空気が乾燥したり、ほこりが舞うこともなく、石油やガスストーブのように室内で燃焼が行われないので、空気が汚れる心配がないのもメリットです。また、部屋の中に設置しないため、暖房器具の出し入れの面倒がなく、すっきりとした空間を保つこともできます。スペースが広々とすることもメリットのひとつです。

床暖房用フローリングに求められる特性としては、長時間にわたる放熱体からの熱に対して、極度の割れ、変形がないことです。
床暖房では熱源より80℃もの熱負荷がかかり、過度に乾燥状態になります。佐藤工業では、「スーパードライ処理」を施すことによって、優れた寸法安定性を実現しています。
長時間におよび熱耐久試験に合格したものだけを販売してます。
東京ガス、大阪ガス、静岡ガス、東邦ガス、北陸ガス、西部ガス各ガス会社およびノーリツ、三菱電機、三菱電線工業、マックス、各社の床暖房に対応しています。

ソリッド15 スーパードライの仕様

寸法 厚さ15mm、幅75,90mm、長さ1,818mm
樹種 さくら(バーチ)、チーク、オーク、ひのき、くり、くるみ、ウォルナット
仕上 UVファインセラミック塗装仕上げ、木机調仕上げ、天然オイル仕上げ
加工 四辺本実加工、長辺糸面加工
工法 ノリ釘併用工法

寸法変化量の計算式

幅(mm)× 膨張収縮率(%)×含水率変化 = 膨張収縮量(mm) 75 × 0.23 × 5 = 0.8625mm

特に床暖房では80℃もの熱で温められるため、過度に乾燥します。寸法安定化のために、乾燥技術が欠かせません。スーパードライシリーズでは、物理的に安定した樹種の選定と加工を行っています。また充分な天然乾燥と精密な人工乾燥を組み合わせて乾燥技術と水分の出入を抑制する塗装によって寸法を安定化させています。寸法の変化量は、上記の式で求めることができます。

木の物性

樹種 マトア まかば チーク レッド
オーク
ひのき ぶな ハード
メープル
なら くり おに
ぐるみ
すぎ
比重 気乾比重 0.61~0.65 0.67 0.68 0.70 0.44 0.65 0.71 0.68 0.60 0.53 0.38
含水率1%に対する幅の膨張収縮率(%) 柾目 0.21 0.17 0.11 0.10
~ 0.13
0.12 0.18 0.14
~ 0.17
0.19 0.17 0.18 0.10
板目 0.27 0.31 0.17 0.21
~ 0.26
0.23 0.41 0.27
~ 0.32
0.35 0.36 0.31 0.25

広葉樹フローリング材と幅の膨張収縮率

床暖房熱耐久試験

床暖房熱耐久試験とは、木造床組下地上に小根太入り熱源パネルとフローリングを施工し、熱源から最高温度80℃の温水給湯8時間と停止4時間を1サイクルとして、100サイクルさらに300時間連続80℃温水給湯を行い、フローリングの寸法安定性を評価する試験です。

試験結果

試験後の隙間と段差の変化量

平均値x エンドマッチ部分 長手側面部分 仕上げ
隙間 段差 隙間 段差
ソリッド15スーパードライ マトア -0.03 0.06 0.17 0.06 UV
セラミック
塗装
さくら(かぱ) -0.06 0.06 0.16 0.00
チーク 0.07 0.02 0.37 0.05
オーク 0.00 0.01 0.13 0.04
ひのき -0.03 0.04 0.33 0.05
ペースト10スーパードライ オーク 0.02 0.10 0.33 0.09
SKプライ15Jスーパードライ さくら(かぱ) 0.00 0.01 0.03 0.08
オーク 0.08 0.01 0.19 0.01

隙間と段差変化の平均値

標準偏差σ エンドマッチ部分 長手側面部分 仕上げ
隙間 段差 隙間 段差
ソリッド15スーパードライ マトア 0.05 0.06 0.21 0.12 UV
セラミック
塗装
さくら(かぱ) 0.05 0.11 0.23 0.07
チーク 0.08 0.04 0.23 0.08
オーク 0.05 0.05 0.14 0.04
ひのき 0.06 0.06 0.26 0.07
ペースト10スーパードライ オーク 0.03 0.18 0.42 0.14
SKプライ15Jスーパードライ さくら(かぱ) 0.01 0.03 0.07 0.06
オーク 0.09 0.05 0.11 0.03

隙間と段差変化の標準偏差

商品名 樹種 平均値 最大値
ソリッド15(75mm幅) メープル 1.39 2.27
さくら(かぱ) 1.18 1.25
オーク 0.75 1.18

一般フローリングでの隙間

一般用フローリング(ソリッド15 75mm幅製品)を床暖房熱耐久試験に掛け、長手側面部分の隙間を測定した結果の平均値と最大値を示します。 この結果から一般用フローリングを床暖房に使用すると側面の大きな隙間が発生することが分かります。

製品に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽に お問い合わせ・資料請求 お急ぎの方はお電話で!電話番号0547-45-2174 平日午前8時から午後5時まで

ページの先頭へ